2017年02月18日

企業研究では、自分が興味を持った企業をトコトン取材しよう

今月16日、体育会の学生の就活を支援する

「支合人(しごと)プロジェクト」に参加しました。


その日のテーマは「企業研究」。

そこでスピーチしたことを一部加筆して、

お伝えしようと思います。




企業研究は「取材」だ!


面接やESで志望動機をはっきりさせるためには、

その企業を知るための「業界研究」「企業研究」が
必要です。

ここを整理していることが人事担当者に伝わらないと、

「入りたいと言っているけど、本気じゃないんだな」と

判断されてしまいます。


企業研究は、自分が興味を持った企業を「取材する」ということです。


取材の方法は、簡単にまとめてしまいますと、

事前の準備で仮説を立て、実際の取材で検証する。


これは、僕たちライターが誰かについて取材するときと同じ。


企業研究では取材対象が「企業」になるだけです。




@仮説を立てる=予備取材をする


まず、その企業に関する情報をいろいろ集めます。


方法としては、

@インターネットの就活サイトで情報を検索する

Aその企業のHPを見る

B図書館などで過去の新聞や雑誌の記事を調べる

C会社説明会に参加する

DOB・OGを訪問する

Eその企業の「現場」を直接見に行ったり、
 商品やサービスを体験したりする


など、さまざまな方法があります。



ところで、情報には一次情報と二次情報があるのをご存知でしょうか?

一次情報とは、自分が直接見たり、聞いたり、経験したこと。

上の例で言うと、@からBです。

二次情報とは、マスコミなどを通じて間接的に知ったこと。

上の例で言うと、CからEです。



企業研究では、一次情報を重視してほしい。

近頃はインターネットの情報に頼りがちですが、

自分の足で歩き、自分の目で見て、自分の耳で聞いた情報を活かしてください。


Cの会社説明会は一次情報ですが、

その情報は説明会に参加した人がすべて見聞きできるもの。

そういう情報は「必要条件」ですが、「十分条件」にはなりにくい。


むしろ、Bの新聞・雑誌の過去記事を調べるのは大事です。

就活生のなかでもそこまで手間をかける人は多くないので、

貴重な情報が手に入ると思います。


先日の支合人プロジェクトでは、ある企業の人事担当者さんが、


「業界紙を読んで弊社のことを調べてくれた学生がいて、

『そこまで真剣に興味を持ってくれているのか』と印象に残った」

と言っておられました。

「人がやらないことまでしている」というのは、

本気度のアピールにもつながる、ということですね。


人がやらないことまでするという意味では、

Eその企業の「現場」を直接見に行ったり、商品やサービスを体験したりする

をぜひやってください。


ある鉄道会社志望の学生は、某私鉄の全営業路線に実際に乗り、

その経験と感想を面接で話して、それが決め手となって内定をもらったそうです。

やはり、実体験に敵うものはありませんよね。


こうして徹底的に調べるには、時間も手間もかかります。

何十社分もできることではありません。

何十社もエントリーしてしまうと、この時間がかけられなくなります。

準備に時間をかけずに選考に臨んでも、いい結果につながる可能性は低い。

最初は興味の対象を広げていても、だんだん絞り込むことが必要でしょう。


下準備で「これだけやった」というものがあれば、

自信を持って選考に臨めるはずです。





A面接を受ける=仮説を検証する


@で立てた仮説を検証します。これが狭義の「取材」です。

面接は、企業が学生を「ウチの会社に合う人材かどうか」

を判断する場ですが、

学生が企業を「自分に合う会社かどうか」と見極める場でもあります。


面接では、事前に集めた情報が正しいのかを確認したり、

集めた情報から疑問に思ったことがあれば質問したりするチャンスです。

企業を知るための質問を、どんどんしましょう。

仮説通りだと思うこともあれば、「え、そうなの? 意外だな」

ということもあるでしょう。



選考が進んでいくと、

「この会社の面接に来ると、なんか居心地がいいな」とか

「この会社の面接は、なんかイヤな感じがするな」というような感覚を

肌で感じると思います。


その「合う/合わない」という感覚は、おそらく正しい。

ただ、何の準備もせずにいくと、仮説が立てられていないので、

「合う」とも「合わない」とも感じられません。


その感覚を磨くためにも、下準備をしっかりして、

仮説を立てることを意識してほしいと思います。




 【お知らせ】

 2月26日に新宿(東京都)で


「人事担当者に伝わる自己PRの作り方&書き方セミナー」を開催します。

「あおぞら作文教室」の主宰講師で、カラーイメージコンサルタントの桐生玲子さん

とのコラボレーションで、4時間で自分を知り、自分のことを伝えることができるようになる集中セミナーです。

詳しくは、下記をご覧になってください。



http://kaname-saeki.wixsite.com/freelance-writer/contact-cj1e


posted by かなめ at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 取材記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。