2016年01月14日

野球日誌? 野球日記?

大学や高校の野球部で、野球日誌をつけているところは多い。

取材でたまに見せていただくけど、「野球日誌」をつけている選手もいれば、

「野球日記」をつけている選手もいる。



日記と日誌は、似ているようで異なる。


日記は、その日のできごとを書きとめたもの。

野球なら、その日の練習で何をしたかの記録である。


日誌は、その日のできごとと、自分の考えを書きとめたもの。

野球なら、その日の練習で何をしたかだけでなく、

何のためにそれをしたのか。

そこから何を学んだのか。



日誌の「誌」という字には「志」という字と「心」という字が入っている。

日誌をつけることで、自分と向き合い、深く考えることができる。

そして、それを続ければ、自分の経験を将来に生かして成長することができる。



中学・高校時代にこの習慣をつけておけば、社会へ出てからもきっと役立つはず。

どうせ毎日つけるなら、「日記」ではなく「日誌」の方がいいんじゃないか、と思う。





posted by かなめ at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 取材記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。