2014年09月18日

プロで活躍する選手の共通点

先日、ある大学へ取材でうかがったときのこと。

アテンドしてくださった大学の広報担当の方に、

「プロで活躍している選手に、何か共通点はありますか?」と訊かれた。


少し考えて、こう答えた。

「野球人生を折れ線グラフに表したとき、アマチュア時代に大きく折れ曲がった点があることですかね」



以前、プロの某ベテランスカウトの方に聴いたことがある。

スカウトは、選手の「現時点」だけを見ているのではない。

過去と、未来をみている。

過去と比べて、現在がどれだけ成長しているのか?

また、今後、どれだけ伸びシロがあるか?



どれだけ成長したか……。

なだらかな成長カーブを描く選手も、稀にいる。

でも、成長した選手は、どこかで大きく上昇カーブを描いていることが多い。

そして、ほとんどの場合、その上昇カーブの直前には一度グラフが下向き(もしくは真下)になっている。



ケガ、不調、大きな失敗……。

その壁を乗り越えることが、成長につながるのだろう。



誰も、壁にぶつかりたくてぶつかるのではないだろう。

でも、もしぶつかったら、それは成長のチャンスかもしれない。







posted by かなめ at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。